自転車の19.5インチタイヤやタイヤについて

タイヤは車輪のリムを丸く囲む帯状の構造で、路面・地面あるいは軌道の上を転がる踏面(トレッド)を形成するための総称である。

その一つとして自転車のインチとして19.5インチがある。

今から概要を説明したいと思う、まずゴムタイヤとは衝撃の緩和や、安定性の向上などを目的に、車輪(ホイール)の外周にはめ込むゴム製の部品であり、用途としては自転車、自動車オートバイ、モノレールや新交通システム、地下鉄などの一部の鉄道車両、航空機、建設機械など地上を移動する多方面で輸送機器に使用される。

また自動車においては中空構造をしており、通常、空気や窒素ガスなどの気体が入っているが、フォークリフトなどの一部の用途では、一輪あたりの負担力を上げるため、中実構造のソリッドと言われるものも使われる。

最近では、気体が抜けてもしばらくは走れる、ランフラットタイヤも出回り始めた。

次に、歴史を紹介しようと思う。

1867年に車輪の外周にゴムを取り付けるようになり、それまでの金属、木の車輪から脱皮したのだ、空気入りは1845年にイギリスのロバート・ウィリアム・トムソンが開発し特許を取得したが、実用化はされず、1888年にスコットランドの獣医師ジョン・ボイド・ダンロップが自転車用の空気入りタイヤを実用化するまで、使用されなかったようだ。

自転車用のタイヤはフランス人のアンドレ・ミシュラン、エドゥアール・ミシュランの兄弟が、1895年に開催されたパリからボルドーまでを往復する、全行程1200キロメートルのレースに使用されたのが最初であった。

ミシュラン兄弟はレースで100回以上のパンクにもめげずに、規定時間を通過しながらも完走した。

耐久性に問題があったとはいえ、乗り心地、グリップ力、安定性に格段に優れていることを証明したのは、これ以降、急速に発展したようだ。

努力にも工夫と情熱を注いだこの人たちの頑張りを僕はたたえたい一身である。旅行にいったときに沖縄バイクタイヤ交換なども最近したのだが沖縄の人はとっても親切だった。対応も大事だと思ったりもしました。

映画関連ページはこちら

Comments are closed.