カートタイヤの種類の説明

カートタイヤは一般的に、開催されるレースやコース、サーキットなどで使われるのものであるので、生活の中で使用するものでありません。いわばプロ仕様です。その中でも、CIK-FIA指定や、JAF指定などの違いがあります。CIK-FIA公認でハリグリップを使用しています。全日本選手権などで使われるものです。これはグリップ力を追求したものになります。グリップ力というのはとどまる力で、これが強いほど滑りにくいという証明になります。全日本選手権のKF2クラスであれば使用することが認められています。

今回、新しくなったタイヤの開発コンセプトを調べてみました。コンセプトとしてはドライビングスタイルやコース等の特性を問うことなく、どんなコースであっても、性能を最大限まで引き出すことが出来るということです。さらに、グリップやコントロール性、耐摩耗性などもすべて、全バージョンよりもレベルアップをめざし開発をしたそうです。具体的な方法としては、勤労10年以上のベテランドライバーや、二年目の若手のドライバーなど幅広い年代のドライバーのテストドライビングを繰り返すことによって、目標の方向へと修正していきました。

レースではもちろん、カートも重要なポイントとなってきます。カートも少しづつ進化していて、フレームの方向としては剛性を高める方向に進化しているとのことです。剛性というのは、曲がったりねじるときの力に対する変形のしづらさの度合いの事です。力を加えられたとしても、変形が少ししかしなければ、それは剛性が強いということになります。

この剛性が強くなってきたカートに合わせてタイヤを開発しようとするときに重要となるポイントはそれ自体の剛性のバランスです。カートとタイヤを一体化させることによって、最大限に性能を引き出せるようにすることを試みています。レースに参加するすべてのドライバーが自分の力を最大限に引き出すことが出来るタイヤを創りだすことが開発への想いだそうです。

私情になりますが、最近寒くなってきたのでスタッドレスタイヤの購入を考えていたらスタッドレスタイヤ 通販というものを見つけた!!このサイト楽天、Amazonのタイヤを一覧で比較することができます。かなりお手頃な値段でタイヤが探せたので私的にかなりおすすめです。これからスタッドレスタイヤではないと滑る季節に入るのでまだ購入していない人は一度チェックしてみるといいかもしれません。

映画関連ページはこちら

Comments are closed.