女性の方で「脇の黒ずみ」で悩んでいる方いませんか?

脇が黒ずみになってしまって嫌な思いをした事ある方、沢山いるのではないでしょうか?例えば…・友達にプールや海に誘われたけど黒ずみが気になり行けなかった。

又は荷物の見張りをしていた。

・ノースリーブを着ていて手を上げたら黒ずみができていた。

・黒ずみが気になり着たい洋服が着れない。

なんて経験のある方いませんか?もうこんな思いは、嫌だと思う方や黒ずみになりたくないと言う方のために黒ずみにならないための注意点と洗い方について紹介したいと思います。

脇の黒ずみの注意点

なぜ黒ずみができてしまうのでしょうか?それは、脇の皮膚は他の皮膚よりも薄いため、かなりのダメージがあたえられてしまいます。

そして黒ずみの主な原因は、「刺激」「摩擦」「汚れ」が原因なのです。

まずこの3つを注意していきましょう。

刺激の場合

刺激の原因は、主に2つあります。

まず1つ目は、脇の毛の処理です。

特に自宅での処理の場合は、気を付けなくては黒ずみになってしまうでしょう。

一般的には、カミソリや毛抜きを使うと思いますが、剃ったり無理に抜いたりなどしてしまうと炎症を起こし黒ずみだけでなくブツブツもできてしまう原因になりますので注意しまでしょう。

できれば脱毛サロンに行くことをオススメします。

摩擦の場合

摩擦の原因は、下着や腕を動かす事で摩擦が起きます。

仕事や日常生活の中で腕を動かしてしまうのは、仕方がない事だと思います。

なのでまずできる事をしてみましょう。

下着ですが、皆さんは何を重視して下着を選んでいますか?もし見た目で選んでいる方は、注意して下さい。

そして、きつめの下着をつけている方も注意です。

なるべくなら、自分のサイズにあったものや素材も綿100%のものがよいでしょう。

汚れについて

これは、脇の汗や制汗剤が毛穴に詰まる原因になります。

汗をかいたらこまめに拭いたりしましょう。

制汗剤も臭いが気になるからといいつけすぎは注意して下さい。

(制汗剤に関しては、汚れや刺激を受けますので、お風呂で綺麗にしましょう。

)

脇の洗い方について

皆さん、臭いが残らないようにゴシゴシ洗っている方いませんか?最初に説明したように刺激をあたえてはいけません。

洗い方は、顔の洗顔と一緒です。

まずフワフワな泡を作り優しく脇を洗います。

その後しっかりと洗い流しましょう。

脇を拭くときも優しく拭きましょう。

とても簡単なので是非試してみて下さい。

このことに気を付けるだけでも、黒ずみができるかできない変わってきてしまいます。

女性の皆さん、刺激・摩擦・汚れ・洗い方に注意して脇の黒ずみを解消しましょう。

映画関連ページはこちら

Comments are closed.